ノシ家のぐうたらいふwithきこりん

住友林業で約39坪2階建ての家を建てるお話。

家づくりを振り返る① 〜きっかけ編〜

こんにちは、ノシママです。
1年程前に始まった家づくりを振り返ってみます。
今回は家づくりのきっかけについて書きます。

きっかけは妊娠、引っ越しを考える

今住んでいるところは2DKの古いアパート。
夫婦と猫1匹が住むには程よい広さでした。

念願の第一子をお腹に授かり、赤ちゃん雑誌を読むうちに、今の部屋に不安を感じ始めました。

  • おもちゃ!?ベビーカー!?置くとこない!
  • 泣き声や足音がうるさくて追い出されるのでは…
  • 冬は極寒、夏は蒸し風呂、赤ちゃんかわいそう
  • 時折なぜか室内に入ってくる毛虫、刺されないかしら

しかし、引っ越すとなると腰が重い。
ついでに腹も重すぎた。
ずぼらいふを楽しむ夫婦の得意技はペンディング !!
…歩くようになる頃までには、もうちょっといい感じのアパートに引っ越そう、そのくらいの気持ちでした。

だぁめだこりゃ!
※ノシ夫婦はドリフ世代ではありません。もっとピチピチです。

いつか建てるなら今建てる!?

結婚した当初から、戸建てへの憧れは夫婦共通で持っていました。
「いつか家建てたら〇〇したいね」
こんな話は良くしていましたが、「いつか」は具体的には決めていませんでした。

ノシママが職場の先輩と女子会ランチに行った時のこと。
先輩ママさんたちから住宅環境に関して色々なお話を聞きました。

「うちは育休中に家建てて引っ越したよ。」
「いつか建てるなら今建てたほうがいいよ。決めること多くて大変だから時間あるときがいいよ!」
住宅展示場で結構イベントやってるから行ってきたら?」

単純なノシママ、後押しを受けて家を建てるのもありかな、と思い始めます。
そしてノシパパと話しているうちにだんだん夫婦の気持ちが一つになり、マイホーム計画がスタートしました。

「とりあえず、住宅展示場でも冷やかしに行こうぜ!!!」

住宅展示場デビュー!

いざ住宅展示場へ行ってみよう!と思っても、最初は敷居が高い気がしてなかなか行けませんでした。

コミュ力ゼロなノシママには魔の巣窟のように感じられたんです。
それもRPG終盤の強敵がうようよ居るダンジョンくらい。
トークレベル99『エイギョーサン』が群れで襲いかかってくるんです。
まだ最初の村を出たばかりのかよわいノシママには太刀打ちできません!
…というくらい、無駄に恐れていました。

そんな時、会社で住宅展示場を巡るスタンプラリーの案内がありました。
事前申し込み制で、展示場を巡ればグルメカタログが貰えるというものでした。

この手のイベントに乗じて行けば冷やかしやすい!と考え、このイベントに参加することにしました。
決してグルメカタログ狙いではないのです。

そしていざ当日…
あまりにもイベントの盛り上がってなさに帰りたくなりました。
時間帯が悪かったのか、参加者が少なすぎたのか…

ちょっとテンションダウンしたノシママでしたが、建ち並ぶ素敵なモデルハウス達!
ゆるく見て回るだけでも面白そう!
おまけにグルメカタログも貰える!
あっという間に気を取り直します。

とりあえずスタンプラリーの受付に一番近い展示場に入ることにしました。

そこがまさに、住友林業の展示場だったのです。