ノシ家のぐうたらいふwithきこりん

住友林業で約39坪2階建ての家を建てるお話。

家づくりを振り返る③ 〜きこりん、キミにきめた!編〜

こんにちは、ノシママです。
家づくりの振り返り、今日は請負契約に至るまでを書きます。

↓前回までの話はこちら noshike.hatenablog.com noshike.hatenablog.com

住まい博

前回展示場に行った時、「住まい博」というイベントが近々あるということで予約を入れて貰いました。

うろ覚えですが住まい博の内容は↓こんな感じです。 (注:ノシママの主観が含まれます)

  • 住友林業で家を建てた人がすみりん愛を語るビデオの視聴
  • 金利上がっちゃう前に家建てなきゃ!急いで急いで!という説明
  • ガス会社によるエネファームの宣伝

他にもあったかも…?
正直、内容は薄いな、という記憶。
家づくりを考え始める初心者にはちょうどよい内容でした。

初回打ち合わせ

住まい博の後、打ち合わせブースに移動して営業さんとお話ししました。
この日はファイナンシャルプランニングがメインでした。

①今の月々の支出(家賃、光熱費、税金、保険)がいくらか
②①を元に子供が生まれて3LDKの物件に引っ越した後の支出がいくらになりそうか予想
③家を建てた後の支出(光熱費、税金、保険、修繕積立費)がいくらか
④ローン月○万円なら②と変わらない支出になるよ!

営業さん、電卓を鬼のように叩いて計算してくれました。

それから建築条件付きの土地の紹介を受けました。
エリア的には第2希望くらいのエリアで、価格もほどほど。
(第1志望のエリアは地価上昇中で、まず無理だろうなと思っていました。)

そして、申込金5万円の話が出ました。
ノシママはブログで予習済みだったのであれか〜という感じでした。
ブログで最初見たときはかなりの衝撃でしたが。

家に帰ってからはノシパパがハゲるんじゃないかというくらいお金のことを考えていました。
(営業さんの計算じゃあ、住宅メーカー寄りの思惑も反映されてそうで怪しいし)
借金王になるんだもんね。
この頃〜請負契約くらいまでがノシママ的には不安のピークでした。

土地&構造現場見学

初回打ち合わせの翌週、営業さんと現地集合で土地を見学しました。

まだ造成中の土地なのででっこぼこでした。
臨月一歩手前のノシママは登山ぐらいの感覚。
登山したことないけど。

周りは自然がいっぱいで魅力的でした。
新しい分譲地なのでご近所さんもみんな「初めまして」なので気楽そうです。

その後場所を移して構造現場を見学しました。
平屋のお宅でした。
大きな掃き出し窓と、木の匂い、綺麗に整頓された現場が印象に残っています。

2回目の打ち合わせ

見学の後はショールームで2回目の打ち合わせでした。

初めましての設計さん、寡黙で優しい雰囲気の方です。
ノシ夫婦がバラバラと喋る色んな要望から、みるみるうちに手描きで間取りを描いてくれました。

結局この時の間取りとはガラッと変わりましたが。

完成宅の見学&打ち合わせ(この日のプランの見積もり)を次週しましょうということでこの日はおしまいです。

3回目の打ち合わせは…!?

完成宅が見られるということで、ノシママはうっきうきでした。

なのに、まさかのまさか、その前日にノシママが入院してしまいました。
切迫早産です。
家のことばかり考えていたので、僕のことも考えろー!ってお腹の主が主張しだしたのかな。

残念ながら完成現場の見学には行けず、打ち合わせにはノシパパひとりで行ってもらいました。
ノシママの大量の要望を携えて。
(事前に設計さんにメールで送りつけてた気がします)

3枚にも渡る打ち合わせ記録シートをもってノシパパが面会に来てくれました。
それをベッドでゼェハァしながら読みました。
張り止めの点滴もりもりだったのです。

しかし残念ながら、息子、その日の夜にすぽぽーんと産まれちゃいました。
せっかちさんめ♡
まだ35週だったので息子はNICUのある別の病院に搬送されました。
ちょっと小ぶりだったけど異常はなく2週間しないうちに退院できました。

4回目の打ち合わせ

ノシママが退院したその日に打ち合わせでした。
普通分娩だった故、円座クッション持参です。てへ。

前回の大量の変更点を反映した見積もりを出してくれました。
そして営業さんもクロージングに入ります。

住友林業の家、気に入って頂けましたか?」

「え、まあ、はい」

ノシ家、基本テンション低めです。
それに加えて完成宅見そびれちゃってて実物を見てなかったんで微妙な返答に(笑)

ブログではたくさんのお宅を拝見していました!
写真ですが皆さんの素敵ハウスを見て気持ちはかなり傾いていました。

そして提示していただいた条件はこんな感じ。

  • 本体工事○%引き
  • エネファーム○○万円引
  • 太陽光○○万円引
  • ウッドタイルボーダータイプ、テレビ後ろサービス

ノシ家は特に値引き交渉していません。
値段下げろ下げろって言うのもねぇ、どこで帳尻を合わせるんだろう、と。
交渉力あれば上手に交渉できるんだろうなぁ…。

調印の儀!

打ち合わせの2日後、ついに請負契約となりました。
物々しい雰囲気ではなく、いつものブースでした。

土地の重要事項説明もあったので長かった…
ノシママ、脳の半分寝てた気がします。

書類は大変重々しかったです。物理的に。
きこりん印の紙袋に入れてくれました。

長くなりましたが…

ノシ家、契約に至るまでを振り返ってきましたが、どうでしょう。
びっくりするほど営業さんのペースですよね!
しっかり勉強してから家づくりに望まれている方から見たらツッコミどころ満載なのではないでしょうか。

打ち合わせだけを淡々と書きましたが、ここに至るまで、本当に悩みに悩みました。
妊娠中であまり動けなかったので、とにかくweb検索魔となっていました。
ブログでは良いことも悪いことも沢山の記事があり、大変参考になりました。

そんな参考になるブログをこれから私も書けたらなぁと思います。

竣工立会い&外構工事開始!

こんにちは、ノシママです。
家づくりを振り返っていましたが思い出せないのでノシ邸の現況について書きます。
(1年も前なんて覚えてなくても仕方ないよね!)

あと1ヶ月で引き渡し!?

土曜は竣工立会いでした。
ついに我が家が完成したようです。
感無量。

クラブフォレストによると着工から91日目らしいです。
当初もらっていた工程表によると6/12竣工となっているので随分早くなったようです。

決して突貫工事というわけではないです。
大工さんが2組入って1階と2階で別れて作業してくれたのです。
聞いたところによると3月のラッシュが終わって手が空いているとか。

外構工事が終わってから引き渡しになるので、本当に自分の家になるまであと1ヶ月です。
楽しみです(๑>◡<๑)

なんてきゃぴきゃぴしてる場合じゃない。
やることてんこ盛りで頭爆発しそう!!
引っ越し関係やら補助金やら諸々の手続きが想像以上に多いです。
息子の慣らし保育がもっと進んだら頑張ります。
(得意技ペンディング発動)

竣工立会いの様子

実は毎週見に行ってたので、そこまで感動はない……ことなかった!!

エアコンがついて涼しい室内

蛇口をひねれば水が出る

スイッチ入れれば電気がつく! (トイレの照明チラ見せ)

カーテンがついてリビングが華やかに! (縦滑り窓チラ見せ)

ここで生活するんだな、という実感が湧いて来ました。

さて、竣工立会いの流れです。
生産さんから設備の説明を聞きながら家中を回っていきました。
ノシママは息子の相手&写真撮影に忙しくて7割くらいしか聞けていないです。てへ。

一通り回ってから、和室で引き渡し時に渡される資料の確認をしました。
ノシママは初階段に大興奮して繰り返し登り降りする0歳児の相手に忙しくてほとんど聞けていないです。てへ。

その後、キッチンのカップボードの上に資料を広げて補助金の申請書類について相談しました。
ノシママは以下略。

お直し箇所は1箇所だけ。
トイレ収納の脇に傷が入っていたので指摘しました。
すぐに目印のテープを貼って頂き、竣工立会確認書にも記載してくれました。

外構工事が始まった

ノシ家では住友緑化に外構をお願いしています。
予算の都合上、最低限の範囲↓を頼んでいます。

  • 駐車場
  • アプローチ
  • 高木植栽
  • 門柱

他の部分↓は自分たちで頑張ろうかなと思っています。

  • 生垣
  • 芝生
  • ウッドデッキ
  • 花壇
  • 砂利敷き
  • 駐車場の目地

土曜に見に行った時にはちょうど外構工事が始まって、コンクリートが流し込まれていました。

このアプローチの曲線がこだわりです。
最初に出してもらったプランは直線だったのですが、ピシッとしすぎていて好みじゃなかったんです。

「なんか直線すぎる…曲線が欲しい」
「駐車場とアプローチの一体感が欲しい」

…という、理系夫婦にあるまじきふわっとした要望を出して何度か直してもらった結果、この形に落ち着きました。

玄関ポーチのタイルが斜めにカットされているのは、車のタイヤがあたってパンクしないように、という設計さんの計らいです。

家づくりを振り返る② 〜住宅展示場編〜

こんにちは、ノシママです。
家づくりの振り返り、前回のきっかけ編の続きを書いていきます。

前回の記事はこちら↓
noshike.hatenablog.com

スタンプラリーのカードを持って、住友林業一条工務店セキスイハイムの展示場を巡りました。

住宅展示場で営業さんと出会う

初めて入った住宅展示場、それが住友林業の展示場でした。
外観は和風で全然好みじゃありませんでした。

当時のノシママは洋風メルヘンな感じに憧れていたのです。
シルバニアファミリーとか赤毛のアンみたいな雰囲気が好きなんです。
今はメルヘンなのももちろん好きですが、落ち着いた和の雰囲気も好きです。

「おじゃましま〜す…」
玄関に入ると広ーーい玄関と、そこから繋がる土間&和室
オシャレ空間!
圧倒されました。
圧倒的な金の匂い…!!(ゲスい)

「すごいねぇ〜」と語彙力ない夫婦がソワソワしていると、和室に通されました。
ちょっと歩いただけで息切れしていた身重のノシママ、お茶をいただき畳でくつろぎモードです。

そこに営業さんがやってきました。
そう、ノシ家担当になった営業さんとの出会いでした。

営業さんのありがた〜いお話し

まずはおなじみ、予算や建てる希望時期、希望の大きさ等を聞かれました。
具体的にはまだ何も考えていなかったのでふわっとした回答をしたと思います。

予算…?わからんけどローンで月◯万くらい?
希望時期…?決めてないけど…2〜3年くらい?
希望の建坪…?数字と実際の広さが想像できん

こんな具合で営業さん、よく相手してくれたなぁと思います。
(何も知らない良いカモに見えたのかも?)

収入等の家計の話、家族構成等を聞いた上で無知なノシ夫婦に大体の目安を教えて頂きました。

その後、営業さんから説明を聞きながら、展示場内を見て回りました。
古い実家や今のアパートと比べると何を見ても素敵に見えます。
始終すごいすごい言っていました。

一通り見て回ったら別の部屋でまた営業さんとトークタイム。
住友林業の家の構造について熱く語っていただきました。

ノシママ、ほとんど聞いてませんでした。すみません。
正直ね、腹も重いし疲れたし他の展示場も見たいなーと上の空でした。

かれこれ2時間くらい展示場に居たと思います。
次回の約束をして展示場を後にしました。

一条工務店の展示場見学、選ばなかった理由

次に行ったのは一条工務店の展示場です。

「家は性能」と謳うだけあって、色々な設備の説明は理系夫婦の心をくすぐりました。
相見積もりをしなかったノシ家ですが、色々なタイミング等によっては一条工務店で建てていたかもしれません。
高断熱、床暖房、大容量太陽光、素敵すぎます。

素敵すぎて、一条工務店の別の展示場にも行きました。
二回も同じ説明を聞いちゃいました。

一条工務店にしなかった理由といえば、噂の一条ルールが気になったためです。
せっかくの注文住宅、ああしたい、こうしたい、が色々あります。
特にうちは猫がいるので、猫の飛び出しやイタズラに配慮した間取りにしたかったのです。

ただ、プランも出してもらっていないので、一条工務店でもいい感じの間取りができたかもしれないです。
いかんせん、あっちもこっちも打ち合わせ出来るような余裕がなかったんです。
腹が重くて色々億劫だと思ってたら1ヶ月早産になりバタバタ。
頑張ってプランくらい出してもらっていればよかったかなとプチ後悔があります。

あと、営業さんの押しがもう少し強かったらワンチャンあったかも…?
アパートまで来てくれたんですが、住友林業で契約した後でした。

まあ、縁がなかったということなんだろうな〜。

セキスイハイムの展示場見学、温もりが恋しくなる

ノシ家としては木造を希望していました。
理由は鉄骨は高そうだから。
(結局、ネットで調べた坪単価と木造の我が家を比べたら大差ない気がします。)

せっかくだから鉄骨の家も見ておこうかという話になり、目に付いたセキスイハイムの展示場に入ることにしました。
3階建てで屋上付きの、いかにも鉄骨!という感じの四角いお家でした。

柱なんか本当に頑丈そうで、地震にも強そうです。
安心感は素晴らしいと思います。

しかし、ノシ夫婦の好みとは違ったようです。
なんか固い。冷たい。
感覚的な話ですが、そう感じました。 そこの展示場は敷地が他より狭いので、空間の開放感や日差しの取り込みが少ないせいかもしれません。

でもファーストインプレッションって大事。
ノシ家としては鉄骨はないな、という結論になったのでした。